コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルケ Falke, Gustav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファルケ
Falke, Gustav

[生]1853.1.11. リューベック
[没]1916.2.8. グロースボルステル
ドイツの小説家,詩人。商家に生れ初め本屋をしていたが,リリエンクローンに認められ作家になる。その影響が強いが,次第に独自の詩境を開いた。詩集『死神マネール』 Mynheer der Tod (1892) ,小説『上陸と座礁』 Landen und Stranden (95) ,自伝『金色の塔が立並ぶ町』 Die Stadt mit den goldnen Türmen (1912) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ファルケの関連キーワードブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルストエンデ(Michael Ende)第一次世界大戦史(年表)ベルリンの近代集合住宅群アウグスツスブルク宮殿アウグストゥスブルク城ミヒャエル エンデカール コーラップケルン(ドイツ)エルスハイマーマルヌ川の会戦T. キーゼベルダン会戦住友ゴム工業9月11日カトラインハランド県インド映画宍倉 正信ビューロー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファルケの関連情報