コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルケ Falke, Gustav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファルケ
Falke, Gustav

[生]1853.1.11. リューベック
[没]1916.2.8. グロースボルステル
ドイツの小説家,詩人。商家に生れ初め本屋をしていたが,リリエンクローンに認められ作家になる。その影響が強いが,次第に独自の詩境を開いた。詩集『死神マネール』 Mynheer der Tod (1892) ,小説『上陸と座礁』 Landen und Stranden (95) ,自伝『金色の塔が立並ぶ町』 Die Stadt mit den goldnen Türmen (1912) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ファルケの関連キーワードブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルストエンデ(Michael Ende)ベルリンの近代集合住宅群第一次世界大戦史(年表)アウグストゥスブルク城アウグスツスブルク宮殿ミヒャエル エンデカール コーラップケルン(ドイツ)エルスハイマーマルヌ川の会戦住友ゴム工業ベルダン会戦T. キーゼハランド県宍倉 正信9月11日インド映画ビューローカトライン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android