コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルネソール ファルネソールfarnesol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファルネソール
farnesol

化学式 C15H25OH 。非環式セスキテルペンアルコールの一例で,種々の植物精油中に含まれる。水に不溶,アルコール,エーテル可溶の液体で,トランス-トランス異性体の沸点は 0.2mmHgの圧力下で 120℃である。香料原料として用いられる。また,ピロリン酸エステルはカロテノイドステロイドの生合成経路における中間体と考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ファルネソールの関連キーワード葉緑素

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファルネソールの関連情報