コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファーストトマト

デジタル大辞泉プラスの解説

ファーストトマト

愛知県で生産されるトマト。大型で、尻がとがった桃色トマト。「桃太郎」の登場以前の主力品種。甘み酸味バランスがよい。「レディファースト」「スーパーファースト」などの派生品種がある。県により「あいちの伝統野菜」に選定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

ファーストトマト[果菜類]
ふぁーすととまと

東海地方、愛知県の地域ブランド。
主に田原市豊橋市・宝飯郡などで生産されている。昭和初頭に試作が始まり、本格的な栽培は1966(昭和41)年頃から始まった。実は大きく果肉も多いため、身崩れしにくい。粘質な食感に適度な酸味と甘みがある。12月から翌年の5月下旬にかけて出荷されている。あいちの伝統野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

ファーストトマトの関連キーワード東海地方

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android