コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファーフィ ファーフィ Furphy, Joseph

2件 の用語解説(ファーフィの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファーフィ
ファーフィ
Furphy, Joseph

[生]1843.9.26. ビクトリアイェリング
[没]1912.9.13. ウェスタンオーストラリアクレアモント
オーストラリアの作家。農民生活をおくったのち,50歳前後から Tom Collinsの筆名で『ブレティン』紙に詩や小説を寄稿。代表作は長編『人生かくの如し』 Such is Life (1903) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファーフィ
ふぁーふぃ
Joseph Furphy
(1843―1912)

オーストラリアの小説家。ビクトリア州ヤラ・グレン生まれ。アイルランド移民の子。奥地で学校がなく、母から聖書とシェークスピア劇の2書だけを教材に学んだが、7歳でよく暗記できたという。開拓、牛荷車運送、鍛冶(かじ)仕事など、職業も住所も転々とかわった。この間『ブリティン』誌にトム・コリンズTom Collinsの筆名で短評や詩を寄稿した。その縁で1897年、独創的な古典名作といわれる『これが人生というもの』(1903)をアーチボルト編集長に託す。1125ページに及ぶ大作のため、『リグビイのロマンス』(新聞連載1905、1946刊)、『琴鳥(ことどり)とゴウシュウヅル』(1948)との3部に分けて発表された。オーストラリア人気質を描いて、「ブッシュマン半分・本の虫半分」と自己評価した作者ならではの作品と評価された。ほかに『ジョセフ・ファーフィの詩集』(1916)もある。[平松幹夫・古宇田敦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファーフィの関連キーワードグレートビクトリア砂漠ビクトリア勲章ビクトリアフォールズビクトリアフォールズ橋クラウンビクトリアビクター/ビクトリアビクトリアカップビクトリアスマーキュリアル ビクトリービクトリー船

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファーフィの関連情報