フアン・カルロス(1世)(読み)ふあんかるろす(英語表記)Juan Carlos Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フアン・カルロス(1世)
ふあんかるろす
Juan Carlos Ⅰ
(1938― )

スペイン国王(在位1975~2014)。1931年に革命で王位を追われたアルフォンソ13世の孫。亡命先のローマで生まれる。1962年にギリシア王女ソフィアと結婚。1969年にフランコ統領により王位継承者に指名され、1975年11月のフランコの死去とともに即位した。即位後はこれまでの独裁制から立憲君主制へのスムーズな移行を図り、一部軍人の策謀を抑えて体制自由化を実現し国民の信頼をかちえた。1980年(昭和55)と2008年(平成20)に来日した。2014年6月に退位し、同月、フェリペFelipe6世(1968― )が即位した。

[平瀬徹也 2015年10月20日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android