コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィックの原理 Fick's principle

2件 の用語解説(フィックの原理の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

フィックの原理【Fick's principle】

質量不変の法則を適用すると,心拍出量などを間接的に求めることが可能となる.フィックの公式*を参照.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィックのげんり【フィックの原理 Fick Principle】

フィックAdolf Fick(1829‐1901)によって1872年ころに提唱された血液循環に関する原理。本質的には質量保存の法則の一表現である。すなわち,単位時間に特定の器官に動脈から流入する特定の物質の量は,血流からその器官へ取り込まれる量と,静脈中へ流れ去っていく量の和であるというもの。単位時間にその器官が摂取した量をQ,動脈血中の濃度をCA,静脈血中の濃度をCVとし,動脈,静脈の血流量が等しく,それをFとみなすと,QF(CACV)となり,FQ/(CACV)となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone