フィッツロイ島(読み)フィッツロイトウ

デジタル大辞泉の解説

フィッツロイ‐とう〔‐タウ〕【フィッツロイ島】

Fitzroy Island》オーストラリア、クイーンズランド州北東岸、グレートバリアリーフの島。ケアンズ南東約30キロメートル、本土の沖合6キロメートルにある。周囲を珊瑚礁(さんごしょう)と白い砂浜に囲まれ、島の大部分熱帯雨林に覆われる。ダイビングなどのマリンスポーツが盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

フィッツロイとう【フィッツロイ島】

オーストラリアの北東部、グレートバリアリーフのグリーン島の南に位置する、熱帯雨林の島。グリーン島の20倍もの面積を誇り、島内起伏に富んでいるため、4コースのウォーキングトレイルを楽しめる。コースではすばらしい野鳥の姿をみることができ、雨期に咲く赤いハイビスカスの花も美しい。白く美しいビーチは珊瑚の破片で覆われていて、シュノーケリングなどのマリンスポーツに適し、熱帯雨林ではブッシュウォーキングやカヌーなどを楽しむことができる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android