コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッツロイ島 フィッツロイトウ

デジタル大辞泉の解説

フィッツロイ‐とう〔‐タウ〕【フィッツロイ島】

Fitzroy Island》オーストラリア、クイーンズランド州北東岸、グレートバリアリーフの島。ケアンズの南東約30キロメートル、本土の沖合6キロメートルにある。周囲を珊瑚礁(さんごしょう)と白い砂浜に囲まれ、島の大部分が熱帯雨林に覆われる。ダイビングなどのマリンスポーツが盛ん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

フィッツロイとう【フィッツロイ島】

オーストラリアの北東部、グレートバリアリーフグリーン島の南に位置する、熱帯雨林の島。グリーン島の20倍もの面積を誇り、島内は起伏に富んでいるため、4コースウォーキングトレイルを楽しめる。コースではすばらしい野鳥の姿をみることができ、雨期に咲く赤いハイビスカスの花も美しい。白く美しいビーチは珊瑚の破片で覆われていて、シュノーケリングなどのマリンスポーツに適し、熱帯雨林ではブッシュウォーキングやカヌーなどを楽しむことができる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

フィッツロイ島の関連キーワードフィッツロイ岩海洋島玄武岩都市気候アイランドキッチンアメリア島ウェーク島オングル島クレア島ココス島サニベル島

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone