フィリッパ・オブ・エノー(英語表記)Philippa of Hainaut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリッパ・オブ・エノー
Philippa of Hainaut

[生]1314.3. エノー
[没]1369.8.15. バークシャー,ウィンザー
イングランド王エドワード3世の妃。エドワード (黒太子) の母。父はエノー伯ウィリアム1世,母はフランス王フィリップ3世の孫ジャンヌ・ド・バロア。温和,慈善の人柄により広く敬愛された。フランドル織布工をイングランドに伴い,イングランドの毛織物工業を改善し,また年代記作者フロアサールを保護した。オックスフォードのクイーンズ・カレッジは彼女を記念して創設。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android