コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドワード3世 エドワードさんせいEdward III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エドワード3世
エドワードさんせい
Edward III

[生]1312.11.13. バークシャーウィンザー
[没]1377.6.21. サリー,シーン
イギリス,プランタジネット朝のイングランド王 (在位 1327~77) 。エドワード2世の子。 15歳で即位し,母イザベルが摂政となったが,実権はロジャー・モーティマー (→モーティマー家 ) が握っていた。 1330年モーティマーを処刑し,親政。 1337年フランスに対し王位を主張,これをきっかけに百年戦争が始まった。第1期 (1337~60) において長男のエドワード (黒太子) とともに出征。 1360年ブレティニー・カレーの和約で在フランス領土を拡大したが,晩年にはその大半を失い,国政も四男のランカスター公ジョン・オブ・ゴーントにゆだねた。治世中は 1348~50年の黒死病の流行による人口減少,毛織物工業の発達など,社会,経済の変動が著しく,政治面では議会が上下両院に分かれ,下院の発言力の拡大が目立った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

エドワード3世

生年月日:1312年11月13日
イングランド王(在位1327〜77)
1377年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

エドワード3世の関連キーワードプリンス・オブ・ウェールズフィリッパ・オブ・エノージョン・オブ・ゴーントロバート1世ブルースエドワード[黒太子]ブラッドワーディンフィリップ(6世)ランカスター(公)ノーサンプトン条約シャルル(4世)ブラドワディーングロスター(公)エドワード黒太子エディンバラ城クレシーの戦いアルテフェルデランカスター家セットフォードランカスター朝ガーターブルー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android