フィンランド文学協会(読み)ふぃんらんどぶんがくきょうかい(英語表記)Suomalaisen Kirjallisuuden Seura

日本大百科全書(ニッポニカ)「フィンランド文学協会」の解説

フィンランド文学協会
ふぃんらんどぶんがくきょうかい
Suomalaisen Kirjallisuuden Seura

フィンランドの言語、口承文芸、書承文芸に関する研究、資料の収集・採集・保存・整理・公開、出版、研究の助成と褒賞などを行い、フィンランド民族文化高揚のためにセンター的役割を果たしている協会。略称SKS。1831年創立。所在地はヘルシンキ。運営は、財政面では大部分を国家助成に、一部を会費・寄付により、人材の面では専任スタッフのほかに、学芸諸分野の人々の積極的な協力姿勢に支えられている。

 とくに、研究・作家・翻訳活動を助成して、フィンランド語と口承文芸などの研究を刺激し、民族文化の科学的解明と、その成果に基づく民族意識形成に貢献したことで知られる。こうした活動に刺激され、のちに世界的に知られるようになった言語学者、口承文芸研究者、作家も多い。サモエードとウラル諸語の言語学者カストレン、『カレバラ』を編纂(へんさん)したE・ロンルート、『7人兄弟』の作者A・キビィ、国民的大詩人E・レイノ、口承文芸研究に地理・歴史学的方法を確立したK・クローン、昔話研究のA・アールネ、昔話・神話研究のM・ハービオMartti Henrikki Haavio(1899―1973)などである。

 また、協会の口承文芸資料館Kansanrunousarkistoは、口承文芸の筆記資料約300万件、1万5000時間におよぶ録音資料と1100時間分のビデオ映像、約11万点の写真(2000年現在)を所蔵し、世界最大の口承文芸研究・資料・情報センターとして知られる。また、書承文芸資料館Kirjallisuusarkistoは、16世紀からの文献手記、録音資料、写真資料を所蔵している。

 そのほか、1931年以来、諸外国に通算223名(2000年現在)の通信員を委嘱したり、フィンランド文学の翻訳助成を行い、国際交流にも努めている。

[高橋静男・末延 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android