コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェアキャッチ fair catch

翻訳|fair catch

デジタル大辞泉の解説

フェア‐キャッチ(fair catch)

ラグビーで、相手が蹴(け)ったボールを自陣の22メートルラインの内側で捕球し、同時に「マーク」とアピールすること。その地点で捕球者にフリーキックが与えられる。
アメリカンフットボールで、相手が蹴りニュートラルゾーンを超えたボールを、リターナーが捕球し、ボールデッドとすること。リターナーが捕球後に走って前進できないときに選択するプレーで、リターナーは片手を高く上げて左右に大きく振る合図をしてから捕球する。フェアキャッチしたリターナーに対するタックルは禁じられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

フェアキャッチ【fair catch】

ラグビーで、相手の上げたボールを静止した状態でキャッチすること。
アメリカン-フットボールで、相手の蹴ったボールを、守備側の選手が片手を頭上に上げて合図し捕球すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のフェアキャッチの言及

【ラグビー】より

… ヒールアウトheel outスクラムの中からボールを足でかきだすこと。フェアキャッチfair catch自陣22メートルライン以内で相手のキック,ノックオン,スローフォワードを両足を静止した状態で直接つかみ,〈マーク〉と発声し認定されるとフェアキャッチとなり,フリーキックが与えられる。フッキングhookingスクラムの中に投入されたボールをフッカーが足でかいてけだすこと。…

※「フェアキャッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェアキャッチの関連キーワードフットボールアメリカン頭上

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android