フェス旧市街(読み)フェスきゅうしがい

世界遺産詳解の解説

フェスきゅうしがい【フェス旧市街】

1981年に登録されたモロッコの世界遺産(文化遺産)で、首都ラバトの東方の内陸都市フェスに位置する。フェスは、9世紀初めに築かれたモロッコ最古のイスラム王都で、この時代にモロッコ最古のカラウィーン・モスクなどが建設された。イスラム王朝の宗教、学問、文化、商業の中心地として栄え、13世紀から14世紀にかけて、多くのモスクやマドラサ(イスラムの高等教育施設)が建てられた。城壁に囲まれた旧市街(メディナ)は、迷路のような複雑な構造になっており、無数の坂や階段、路地が入り組んでいる。旧市街の中には車は入れないため、ロバとラバが物流を担っている。このような歴史的な景観が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はMedina of Fez

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android