コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェドチェンコ氷河 フェドチェンコひょうがlednik Fedchenko

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェドチェンコ氷河
フェドチェンコひょうが
lednik Fedchenko

タジキスタン東部,パミール高原にある氷河。同国最長の谷氷河で,全長 77km。面積 992km2。氷の厚さは 500mをこえる。レボリューツィヤ峰北西斜面の氷床から北へ向って流れ出し,1日平均 66.8cm前進する。融水はアムダリアの源流となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フェドチェンコ氷河【フェドチェンコひょうが】

中央アジア,タジキスタン共和国,ガルモ山(旧称コムニズム峰)をもつ科学アカデミー山脈東側にある氷河。旧ソ連最大で,長さ77km,氷の厚さ平均500m(最大で1000m),面積約900km2
→関連項目パミール高原

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェドチェンコひょうが【フェドチェンコ氷河 Fedchenko lednik】

中央アジア,タジキスタン共和国に属し,パミール高原北東部にある山岳氷河。ヤズグレム山脈北斜面の標高6280mに始まり,レボリュツィア峰(6974m),科学アカデミー山脈の峰々から流下する氷河をあわせ,標高2900m程度のセリダル谷に終わり,セリダル川源流となる。長さ77kmは中央アジア第一の谷氷河である。氷河の最大幅2.6km,氷の厚さ最大1000m,平均流速67cm/年。上流部は1928年にソ連のパミール探検隊が発見した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェドチェンコ氷河
ふぇどちぇんこひょうが
Федченко ледник Fedchenko lednik 

タジキスタン共和国、パミール高原北東部にある世界最大の谷氷河。面積1350平方キロメートル。全長約77キロメートル。探検家フェドチェンコを記念して命名された。レボリュチヤ峰(6974メートル)の北面に発し、西側に連なるアカデミア山脈やコムニズム峰(7495メートル)などから多くの支流をあわせながら北流する。末端高度は約2900メートルで、アムダリヤ水系のムク・スー川に注ぐ。標高4200メートルの氷河上に気象観測所がある。[小野有五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フェドチェンコ氷河の関連キーワードタジク国立公園〈パミール山脈〉コムニズム[峰]ガルモ[山]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android