コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェドートフ フェドートフ Fedotov, Pavel Andreevich

2件 の用語解説(フェドートフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェドートフ
フェドートフ
Fedotov, Pavel Andreevich

[生]1815.7.22. モスクワ
[没]1852.11.14. ペテルブルグ
ロシアの画家。ロシア風刺画の創始者で,1850~60年代の思想的リアリズムに影響を与えた。初め士官候補生となり,かたわら素朴な室内画を描いたが,44年よりペテルブルグの美術アカデミーで絵画を学び,17世紀オランダ風俗画の影響を受け,官吏や商人の愚昧さを鋭く風刺する作品を描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェドートフ
ふぇどーとふ
Георгий Петрович Федотов Georgiy Petrovich Fedotov
(1886―1951)

ロシアの思想家、宗教史家。サラトフ市の高級官僚の家庭に生まれる。ペテルブルグの工芸専門学校に在学中、社会民主党の活動に参加、のち歴史研究に向かい、ペテルブルグ大学で中世宗教史を学び(1908~1910)、キリスト教に接近。革命後ペトログラード非合法の正教サークルを組織。1925年パリに亡命、正教神学校で教えるかたわら宗教関係の雑誌に健筆を振るう。一種のキリスト教的社会主義の立場から資本主義共産主義を一様に批判。1940年ナチスの侵攻を避けてアメリカへ移り、ここで『ロシアの宗教心』(1946)を書く。ほかに『古代ルーシの聖者たち』(1931)、『現在と未来と(ロシアと革命についての考察)』(1932)、論文集『ロシアの相貌(そうぼう)』(1967)などがある。[青山太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェドートフの関連キーワードモスクワ宣言モスクワ芸術座・モスクワ藝術座モスクワ5000モスクワ国際平和マラソンモスクワ室内管弦楽団モスクワ・ソロイスツモスクワを占領せよモスクワ・ヴィルトゥオージモスクワ音楽劇場バレエ団モスクワ・シティー・バレエ団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone