フェリペ1世(美麗王)(読み)フェリペいっせい[びれいおう](英語表記)Felipe I, el Hermoso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェリペ1世(美麗王)
フェリペいっせい[びれいおう]
Felipe I, el Hermoso

[生]1478.7.22. ブルージュ
[没]1506.9.25. ブルゴス
カスティリア王 (在位 1504~06) 。オーストリア大公。神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世とマリ (→マリア) の子で,カスティリアのハプスブルク王家の開祖。 1482年母の所領ネーデルラントを相続。アラゴンフェルナンド2世 (カトリック王) とカスティリアのイサベル1世の娘フアナ・ラ・ロカと結婚 (1496) 。イサベル1世の死により,フアナはカスティリアを相続し,フェリペが共治することになり,1506年ネーデルラントからスペインに移ったがまもなく死去。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android