コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェリペ1世(美麗王) フェリペいっせい[びれいおう]Felipe I, el Hermoso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェリペ1世(美麗王)
フェリペいっせい[びれいおう]
Felipe I, el Hermoso

[生]1478.7.22. ブルージュ
[没]1506.9.25. ブルゴス
カスティリア王 (在位 1504~06) 。オーストリア大公。神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世とマリ (→マリア) の子で,カスティリアのハプスブルク王家の開祖。 1482年母の所領ネーデルラントを相続。アラゴンフェルナンド2世 (カトリック王) とカスティリアのイサベル1世の娘フアナ・ラ・ロカと結婚 (1496) 。イサベル1世の死により,フアナはカスティリアを相続し,フェリペが共治することになり,1506年ネーデルラントからスペインに移ったがまもなく死去。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フェリペ1世(美麗王)の関連キーワード被爆者援護クレメンス幸阿弥鄭麟趾乳頭山モア清洲城賢江祥啓幸阿弥家薩南学派