コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェリ磁性共鳴 フェリじせいきょうめいferrimagnetic resonance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェリ磁性共鳴
フェリじせいきょうめい
ferrimagnetic resonance

フェリ磁性状態での電子スピン共鳴。フェリ磁性共鳴には2つのモードがある。1つは反平行の部分格子磁気モーメントが反平行にそろったまま回転するため,見かけ上1つの強磁性モーメントとして磁場中をラーモアの歳差運動を行う強磁性共鳴と同じである。他の1つは交換共鳴モードと呼ばれ,2つの部分格子が互いに角度をなして,磁化容易軸のまわりを回転するもので,一方の部分格子が交換相互作用による大きな磁場を他方につくるために,共鳴は一般に強磁性共鳴より高い周波数になることが多く,モードは反強磁性共鳴モードに似る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フェリ磁性共鳴の関連キーワード磁気共鳴吸収ラーモア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android