コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォッカー フォッカー Fokker, Anthony Herman Gerard

2件 の用語解説(フォッカーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォッカー
フォッカー
Fokker, Anthony Herman Gerard

[生]1890.4.6. ジャワ,ケディリ
[没]1939.12.23. ニューヨーク
オランダ飛行機製作者,飛行家。ジャワ島の富裕なコーヒー園経営者の子で,家族とともにオランダのハールレムに帰り,同地で教育を受けた。 20歳で自家用飛行機を製作。1911年国際飛行免許を得てドイツに行き,1912年ベルリン近郊に飛行機製作所を開設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォッカー
ふぉっかー
Anthony Hermann Gerard Fokker
(1890―1939)

オランダの飛行機製作者。ドイツで操縦を学び、1912年にベルリン南郊(のちにシュウェーリンへ移る)で飛行機会社を設立した。第一次世界大戦中はドイツの戦闘機を生産した。木製翼に鋼管溶接羽布張り胴体で生産性が高く、プロペラの回転面を通して機関銃を発射する方法も開発した。1919年オランダに帰りフォッカー社を創設し、民間輸送機を製作した。合板張り主翼が特徴のスーパーユニバーサルは広く使われ、一時代を画したが、やがて全金属機に席を譲った。フォッカー機の設計は、溶接技術者出身のドイツ人プラッツReinhold Platz(1886―1966)が担当し、フォッカーは社長とパイロットの立場で監督した。1922年アメリカに渡り、アメリカン・フォッカー社設立ののち、1931年に帰化した。[佐貫亦男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォッカーの関連キーワードジャワ海溝ジャワ戦争ジャワ島ジャワ犀ジャガタラ爪哇ジャワ更紗バジャワシンビーノ ジャワティストレートジャワ種 (Java)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォッカーの関連情報