コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォック フォックFock Jenö

3件 の用語解説(フォックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォック
フォック
Fock Jenö

[生]1916.5.17. ブダペスト
[没]2001.5.23. ブダペスト
ハンガリーの政治家。労働者出身。 1932年共産党入党。 1940~43年入獄。 1952~54年冶金・機械省次官。 1955~57年労働組合全国会議書記。 1957~61年社会主義労働者党政治局員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

フォック Fock, Cornelis Hendricus Mattheus

1845-1883 オランダの医師。
1845年9月21日生まれ。明治10年(1877)政府の招きで来日,新潟医学校(新潟大医学部の前身)教師となり眼科,産婦人科をおしえた。12年長崎医学校にうつる。明治16年2月4日長崎で死去。37歳。ユトレヒト出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

フォック

没年:明治16.2.4(1883)
生年:1845.9.21
明治期に来日したお雇い外国人オランダ人医師。漢字で保阿倔,法屈,布欧津区などと記す。ユトレヒト生まれ。ユトレヒト大学を1871年に卒業,この間にボードインの教えも受ける。明治10(1877)年,新潟病院(新潟大)に着き,眼科,産婦人科,局所解剖学などの講義を行い,『眼科提要』(1879)を著す。12年,招かれて長崎病院医学校(長崎大)に教師として赴任。一時,ヨーロッパ旅行をし,15年,改めて同校と契約するが,翌年2月,同地で没。大浦外国人墓地に葬られた。<参考文献>蒲原宏「ヴィダル,ヘーデンとフォック」(『医学近代化と来日外国人』)

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

フォックの関連キーワードアロー号ブロッホ歴史小説フランツイリゴージェンオスメーニャ佐々木隆興芥川竜之介岩本栄之助エッケルト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォックの関連情報