コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルストホフ Forsthoff, Ernst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルストホフ
Forsthoff, Ernst

[生]1902.9.13. デュースブルクラール
[没]1974.8.13. ハイデルベルク
ドイツの法学者。ボン大学で C.シュミットに師事,1933年以来公法学の教授で,ナチス政権下で侵害行政と給付行政の区別を提唱,生存配慮の概念を創出し,日本の行政法学にも影響を与えた。 60~63年憲法最高裁判所長官,67年ハイデルベルク大学法学部教授の職を退き,後進の指導にあたった。主著『行政法教科書』 Lehrbuch des Verwaltungsrechts (1949) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォルストホフ【Ernst Forsthoff】

1902‐74
ドイツの公法学者。1933年以降フランクフルト,ハンブルクケーニヒスベルク,ウィーンの各大学教授を歴任の後,43年からハイデルベルク大学教授として第2次大戦後の西ドイツ公法学をリードした。つとにナチス政権下において,現代国家では国民生活が行政の給付活動に大幅に依存せざるをえないことを指摘し,給付行政leistende Verwaltung,生存配慮Daseinsvorsorge等の概念によって第2次大戦後の行政法学に大きな影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

フォルストホフ

生年月日:1902年9月13日
ドイツの公法学者
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

フォルストホフの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android