フォンテシュバード人(読み)フォンテシュバードじん(英語表記)Fontéchevade man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォンテシュバード人
フォンテシュバードじん
Fontéchevade man

フランス南西部シャラント県のフォンテシュバードの洞穴で,1947年に G.マルタン女史によって発見された化石人骨で,前頭骨と頭頂骨から成る頭蓋片と,別個体の前頭骨片を含んでいる。頭蓋は全体として幅広で長く,かつ低く,骨が厚いなど原始的特徴をもつが,額は垂直であり,それに続く眼窩上隆起はほとんど発達せず現生人類にも似ている。脳容量は約 1470cm3と見積られている。絶滅したクマ,シカ,カメなどの動物化石やタヤシアンおよびクラクトン文化の旧石器を伴っていて,時代は第3間氷期と推定されている。この人骨は年代が古いにもかかわらず現代的とみられる特徴をもつために,スワンズコム人とともにいわゆるプレサピエンスであるとする学者もあるが,シュタインハイム人クラピナ人,サッコパストーレ人などとともに早期 (進歩的) ネアンデルタール人類であるとも考えられている。 (→旧人類 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android