フォンニャ-ケバン国立公園(読み)フォンニャケバンこくりつこうえん

世界遺産詳解の解説

フォンニャケバンこくりつこうえん【フォンニャ-ケバン国立公園】

2003年に登録された世界遺産(自然遺産)で、ベトナム中部のドン・フォイ北東、クアンビン省に位置する。ベトナムで最も大きなフォンニャ洞窟があり、その内部には2億5000万年前に形成された数多くの鍾乳石などがある。また、総延長65kmもの地下河川が発見されている。この国立公園では、65種の固有種を含む461種の脊椎動物が生息している。◇英名はPhong Nha-Ke Bang National Park。フォンニャは「歯の洞窟」という意味。

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android