コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォールトトレランス ふぉーるととれらんす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フォールトトレランス

コンピューターの動作中に一部に故障が起きても、故障個所以外は、停止することなく稼働を続けられる、無停止設計のこと。これにより、処理を継続しながら故障個所の修復ができる。システムの機能全体に影響を及ぼすことがないので、被害を最小限に抑えられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フォールトトレランス

コンピューターシステムが故障した場合にも,全面停止にはいたらず,部分的にでも正しく動作する能力。フェールセーフfail safeとも。エラーの検出から訂正まで自動的に処理するものや,記憶装置を二重化して常に同じ内容を保存しておくものなど,その手法はさまざま。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

IT用語がわかる辞典の解説

フォールトトレランス【fault tolerance】

コンピューターシステムに何らかの障害や不具合が発生した際、被害を最小限に収める、または正常に機能し続ける能力。突然の停電に備えて無停電電源装置UPS)を設置したり、ハードディスクを複数台用いたりするなど、システム全体に冗長性を持たせることで、この能力を高めることができる。◇「耐障害性」「故障許容力」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

フォールトトレランス【fault tolerance】

〔過失許容性の意〕
あるシステムについて、起こりうる障害(誤作動や誤操作)に対する耐性のこと。また、この耐性を向上させるため、事前対策を行おうとする設計(思想)のこと。フェイル-セーフ、フール-プルーフなどの方法がある。フォールト-トレラント。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

フォールトトレランスの関連キーワードコールドスタンバイシステムホットスタンバイシステムコンピューターシステムコンピュータ史(年表)ノンストップシステムフェイルセーフコンピュータークラスタリングフォールトプルーフフェイル誤作動誤動作耐性

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android