コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサガヤ Cinna latifolia (Trevir.) Griseb.

2件 の用語解説(フサガヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フサガヤ【Cinna latifolia (Trevir.) Griseb.】

深山または亜高山帯の林床に生えるイネ科の多年草。茎はおおむね単生し,短い根茎から立ち上がり,高さは80~120cm,軟弱である。葉は茎の節につき,幅広い線形,長さ18~25cm,幅は8~12mmで,軟らかく,質は薄く,濃い緑色で,先は垂れ,毛はない。7,8月に茎の頂にやや大型でまばら円錐花序を出す。長さ20~30cm,幅は5~7cmで,先は垂れ,各節に長さ2~5cmの細く垂れぎみの枝を少数個輪生し,白緑色の小穂を多数つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フサガヤ
ふさがや / 総茅
[学]Cinna latifolia Griseb.

イネ科の多年草。稈(かん)は1本、軟弱で高さ約1メートルに達する。葉は幅0.8~1.2センチメートル。7~8月、稈頂に分枝が仮輪生し、先端がやや垂れ下がる長さ20~30センチメートルの円錐(えんすい)花序をつける。小穂は扁平(へんぺい)で長さ3~3.5ミリメートル、光沢があり、小花が1個ある。護穎(ごえい)は包穎とほぼ同じ長さで三脈があり、芒(のぎ)がある。雄しべは1本。深山の林中に生え、中部地方以北の本州、北海道、および中国、アジア北部、ヨーロッパ北東部、北アメリカに分布する。名は、花序が開出してふさふさとすることによる。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フサガヤの関連キーワード森林限界亜高山帯喘息薬種蓑米深山金梅東笹兎蝙蝠牛の毛草米茅深山鶉

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone