フサガヤ(英語表記)Cinna latifolia (Trevir.) Griseb.

  • Cinna latifolia Griseb.
  • ふさがや / 総茅

世界大百科事典 第2版の解説

深山または亜高山帯林床に生えるイネ科多年草はおおむね単生し,短い根茎から立ち上がり,高さは80~120cm,軟弱である。は茎のにつき,広い線形,長さ18~25cm,幅は8~12mmで,軟らかく,質は薄く,濃い緑色で,先は垂れ,毛はない。7,8月に茎の頂にやや大型でまばらな円錐花序を出す。長さ20~30cm,幅は5~7cmで,先は垂れ,各節に長さ2~5cmの細く垂れぎみのを少数個輪生し,白緑色の小穂を多数つける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イネ科の多年草。稈(かん)は1本、軟弱で高さ約1メートルに達する。葉は幅0.8~1.2センチメートル。7~8月、稈頂に分枝が仮輪生し、先端がやや垂れ下がる長さ20~30センチメートルの円錐(えんすい)花序をつける。小穂は扁平(へんぺい)で長さ3~3.5ミリメートル、光沢があり、小花が1個ある。護穎(ごえい)は包穎とほぼ同じ長さで三脈があり、芒(のぎ)がある。雄しべは1本。深山の林中に生え、中部地方以北の本州、北海道、および中国、アジア北部、ヨーロッパ北東部、北アメリカに分布する。名は、花序が開出してふさふさとすることによる。

[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android