フジ三太郎

デジタル大辞泉プラスの解説

フジ三太郎

サトウサンペイによる漫画作品。サラリーマン・フジ三太郎と彼の職場や家族で起きる出来事を題材とした四コマ漫画。『朝日新聞』(夕刊)1965年4月1日~1978年12月28日、『朝日新聞』(朝刊)1979年1月1日~1991年9月30日に連載。朝日ソノラマ全5巻。文藝春秋漫画賞(1966年)受賞。1968年TBS系列で、1982年テレビ朝日系列でドラマが放映された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

フジ三太郎 フジ-さんたろう

サトウサンペイの同名の漫画の主人公。
フジは富士山,三太郎は阿部次郎「三太郎の日記」にちなんだもの。昭和40年から平成3年まで「朝日新聞」夕刊に連載され,モーレツ社員とはかけはなれた平均的サラリーマン像が共感をよび,サラリーマン漫画の代表といわれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android