コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フゼイン fusain

翻訳|fusain

岩石学辞典の解説

フゼイン

最初はspindle treeの木炭のことであったが,現在は,石炭の中で繊維状の縞状構造をもつ柔らかい黒色の粉末に用いる.顕微鏡下では黒色または不透明で,木の細胞組織を伴うことがある.石炭の岩型である[Grand'Eury : 1882, Tomkeieff : 1954].マセラル炭(maceral charcoal), 炭母(mother of coal)[渡辺編 : 1935],天然木炭(mineral charcoal)[Jameson : 1805]は同義.ラテン語のfususは紡錘の意味.spindle treeはニシキギ属の低木の総称.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

フゼインの関連キーワードフゾヴィトレインヴィトリフゼインヴィトロフゼイン灰色デュレインクラロフゼインフゾデュレインフゾクラレインフゾテレインセミフゼイン石炭の成分リソタイプエフ炭暗炭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android