コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ素繊維 フッそせんい fluorine containing fibre

2件 の用語解説(フッ素繊維の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッ素繊維
フッそせんい
fluorine containing fibre

含フッ素繊維,ポリフルオルエチレン系繊維,ポリテトラフルオルエチレン繊維,CTFE繊維などともいう。テトラフルオルエチレン TFEやクロロトリフルオルエチレン CTFEを重合させたポリテトラフルオルエチレン PTFEやポリクロロトリフルオルエチレン PCTFEを,特殊な紡糸法 (マトリックス紡糸法) で紡糸した繊維。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッ素繊維
ふっそせんい
fluorocarbon fibers

テトラフルオロエチレンCF2=CF2(略称TFE)の懸濁重合で生成した粒子状のポリテトラフルオロエチレン-(CF2-CF2)-nにビスコースなどを混合し、エマルジョン紡糸し、さらに300~400℃で処理してビスコースを焼去し、のち熱延伸して強度を向上させた繊維である。引張り強さは羊毛と同程度であるが、水分吸収率は0%、溶融温度327℃で、260℃の高温まで使用可能と高温特性がよく、また耐化学薬品性や耐候性もきわめて大きいので、ガスケットなど特殊な用途に用いられる。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フッ素繊維の関連キーワードポリポリエチレンオキシド合成繊維共重合ポリエチレン照射ポリエチレンポリエチレンテレフタル酸ポリオキシエチレンポリクロロトリフルオロエチレンポリテトラフルオロエチレンポリフルオロエチレン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone