コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フベントゥド島 フベントゥドとうIsla de la Juventud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フベントゥド島
フベントゥドとう
Isla de la Juventud

旧称ピノス島 Isla de Pinos (1978まで) 。キューバ西部の島。キューバ島西部南岸沖にあり,北西はロスインディオス海峡により,北と北東はバタバノ湾により本島からへだてられる。面積約 2200km2。島の南寄りを東西に湿地帯が横切り,その南はほとんど人の住まない岩がちの荒れ地であるが,北部はゆるやかに起伏する砂礫性の平地で,マツ林やサバナが占め,ところどころに標高 300m以下の丘陵がある。主産業は漁業と野菜や果樹の栽培。中心集落は北岸のヌエバヘロナ。植民地時代を通じてスペインはこの島に関心を示さず,キューバ共和国成立時にもその帰属が不明であったが,1925年ヘイ=ケサダ条約によりキューバへの帰属が認められた。住民はきわめて少なかったが,革命後若年層の入植が奨励され,島名も「若者の島」を意味する現島名に改称,人口が急増した。カオリン (白陶土) ,大理石を産出する。人口7万 1097 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フベントゥド島の関連キーワードキューバイースター島フベントゥ島ウティラ島ウロス島グアナハ島ココ島タキーレ島パガル島パスクア島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android