コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラクトオリゴ糖 フラクトオリゴトウ

デジタル大辞泉の解説

フラクト‐オリゴとう〔‐タウ〕【フラクトオリゴ糖】

fructooligosaccharides》低エネルギー甘味料の一種。フラクトースを含むオリゴ糖(少糖類)。アスパラガスタマネギなどに含まれるほか、砂糖を原料に、酵素を作用させて作られる。甘味は砂糖の30パーセント。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

フラクトオリゴとう【フラクトオリゴ糖】

ショ糖に1~3個の果糖が結合したもので、難消化性のオリゴ糖。にんにく、アスパラガス、ねぎ、たまねぎ、ごぼう、大豆などに多く含まれる。低エネルギーの甘味料として利用されるほか、腸内善玉菌増殖活性化させて腸内環境を酸性に維持、免疫機能の強化、高脂血症改善便秘の改善、血糖値の抑制などの作用があるとされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

フラクトオリゴ糖の関連キーワードむし歯の原因になりにくい食品(具体的な商品名)おなかの調子をととのえる食品成長期に食べさせたい食品わんわんシャーベットプレバイオティクス機能性オリゴ糖フラクトース食物繊維新甘味料果糖少糖

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android