コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラビン酵素 フラビンこうそflavin enzyme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラビン酵素
フラビンこうそ
flavin enzyme

フラビンヌクレオチドである FADあるいは FMN補酵素とする酸化還元酵素アミノ酸酸化酵素アシル CoA,リポ酸脱水素酵素など,多くの例がある。フラビンは酵素に比較的強く結合していることが多く,これはフラビン特有の黄色の色調やケイ光によって容易に識別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フラビン酵素【フラビンこうそ】

フラビン補酵素

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のフラビン酵素の言及

【呼吸色素】より

…したがって同じ酸素分圧のもとではミオグロビンはヘモグロビンから容易に酸素を吸収する。このほか,電子伝達系に関与するチトクロム類(還元状態で赤から赤緑色を呈す)やフラビン酵素(酸化状態で黄色)も呼吸色素といえる。【佃 弘子】。…

【ビタミン】より

…(1)生理作用 リボフラビンは,植物や多くの微生物によって合成されるが,高等動物においては合成されない。生体内では,フラビンタンパク質またはフラビン酵素と呼ばれる酸化還元酵素として機能している。牛乳,卵,鶏肉,魚介類,胚芽,酵母,肝臓などに多く含まれており,また豆類,緑色野菜,海藻,シイタケなどにも多い。…

※「フラビン酵素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フラビン酵素の関連キーワードワールブルク(Otto Heinrich Warburg)グルコースオキシダーゼモノアミンオキシダーゼ色素タンパク質フラボ蛋白質オキシダーゼリボフラビンパントテン酸ビタミンB2八木 国夫チトクロム呼吸色素八木国夫

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android