コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランシス フクヤマ Francis Fukuyama

現代外国人名録2012の解説

フランシス フクヤマ
Francis Fukuyama


国籍
米国

専門
国際政治学者

肩書
ジョンズ・ホプキンズ大学高等国際問題研究大学院(SAIS)教授 米国国務省政策企画局次長

生年月日
1952/10/27

出生地
米国 イリノイ州シカゴ

出身地
ニューヨーク市

学歴
コーネル大学〔1974年〕卒;ハーバード大学大学院修了

学位
政治学博士(ハーバード大学)〔1981年〕

経歴
父が日系2世、母が日本人の日系3世。コーネル大学でラテンとギリシャの古典文学を専攻したあと、フランスへ留学。旧ソ連研究に転じ、1981年ハーバード大学で博士号取得。同年国務省入省。政策企画スタッフとなり、カーター政権の遺産、パレスチナ自治交渉を担当。’83年戦略問題の民間研究機関・ランド研究所に転出、旧ソ連研究を深めた。’89年ブッシュ政権で国務省政策企画局次長に登用される。同年保守系の政治・外交誌「ナショナル・インタレスト」に共産主義の敗退を証明し、西側の自由民主主義を人類の究極の思想と断じた論文「歴史の終わり」を発表、世界的な反響を呼んだ。その後ランド研究所に復帰し上級研究員、’99年ジョージ・メイスン大学教授を経て、2001年ジョンズ・ホプキンズ大学教授。ブッシュ政権の外交政策の基軸をなす新保守主義(ネオコン)の戦略理論家として知られたが、2006年著書「岐路に立つ米国」でネオコンに“決別宣言”し話題を呼ぶ。他の著書に「歴史の終わりと最後の人」(1992年)、「『信』無くば立たず―『歴史の終わり』後、何が繁栄の鍵を握るのか」、「『大崩壊』の時代」、「人間の終わり」、「アメリカの終わり」(2006年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

フランシス フクヤマの関連キーワード歴史の終焉フクヤマ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランシス フクヤマの関連情報