フランシスコ修道会(読み)フランシスコしゅうどうかい(英語表記)Ordo Fratrum Minorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1209年アッシジフランシスコによって,清貧説教中核として創立されたカトリック托鉢修道会。発展とともに諸派を生んだ。 13世紀末には厳格主義派 Spiritualesとコンベントゥアル派が対立前者は 14世紀初めに禁圧された。後者に対してはやがて原始会則派 Observantiaeが台頭,優勢となり,1517年小さき兄弟会として主導権を掌握して独立。同会の内部に跣足派,改革派,最原始会則派などが生れたが,1897年に統一された。また 1525年にはカプチン会が分れた。狭くは小さき兄弟会を,広くはコンベントゥアル会とカプチン会を含めてフランシスコ会と呼ぶ。また第二会は 1212年にクララの創立した聖クララ会であり,同じ頃第三会も生れた。日本にはキリシタン時代に伝道した一大勢力であり,明治の再渡来は 1907年。現在世界各地の 12管区より会士が派遣されているが,71年6月に日本連合管区が設立された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランシスコ修道会の関連情報