コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランス民法 フランスみんぽう

百科事典マイペディアの解説

フランス民法【フランスみんぽう】

ナポレオンの主宰の下に編纂(へんさん)され1804年に公布されたフランスの民法典。ナポレオン法典とも。大陸法系に属し,統一法典としての近代成文民法典として最初のもの。
→関連項目旧民法ナポレオン法典

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

フランス民法の関連キーワードチボー(Anton Friedrich Justus Thibaut)プロイセン一般ラント法ローアーカナダ債権者代位権ケベック法権利の濫用箕作 麟祥本国法主義ポルタリス法の統一禁治産者法学提要原状回復箕作麟祥カピタン法典論争カナダ史星野英一梅謙次郎ポティエ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランス民法の関連情報