コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリート フリートFried, Alfred Hermann

3件 の用語解説(フリートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリート
フリート
Fried, Alfred Hermann

[生]1864.11.11. ウィーン
[没]1921.5.4. ウィーン
オーストリアの平和主義者。 1891年ベルリンで『武器を捨てよ!』 Die Waffen nieder!誌を創刊。 92年ドイツ平和協会創設。 1911年 T.アッセルとともにノーベル平和賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フリート

オーストリアの平和主義者。ベルリンで出版社を経営し,1891年ドイツ最初の反戦平和雑誌を創刊・主宰,1892年ドイツ平和協会を設立した。1911年アッセルとともにノーベル平和賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリート
ふりーと
Alfred Hermann Fried
(1864―1921)

オーストリアのジャーナリスト平和運動家。ウィーンに生まれる。15歳まで学校へ行ったが、その後は書籍販売業を経て、1887年ベルリンで出版業を始めた。ズットナーの影響を受け、1891年ズットナーがオーストリア平和協会を設立すると、翌1892年フリートはドイツ平和協会を設立した。また1891年にはズットナーを編集長にすえ、彼女の反戦小説と同名の雑誌『武器を捨てよ』Die Waffen niederを創刊した。同誌は1899年に『平和の番人』Die Friedenswarteと改題、フリートは死ぬまで、この雑誌の編集、発行を続けた。1911年、長年にわたって文芸的平和運動を精力的に展開してきた功績によって、ノーベル平和賞をオランダのアセルとともに受賞した。1914年第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)したとき、彼はウィーンにいたが、政府の検閲や偏狭な世論にあい、スイスに移動、なおも活発に平和運動を展開した。戦後、そのときの体験をつづった『戦中日記』Mein Kriegstagebuchを出版している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フリートの関連キーワード元治ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門大浦教之助清岡道之助久坂玄瑞楠音次郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フリートの関連情報