フリードリヒ(1世)(読み)ふりーどりひ(英語表記)Friedrich Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリードリヒ(1世)(プロイセン国王)
ふりーどりひ
Friedrich
(1657―1713)

初代プロイセン国王(在位1701~13)。1688年、父の「大選帝侯」フリードリヒ・ウィルヘルムからブランデンブルク選帝侯国とプロイセン公国を相続し、当初、選帝侯フリードリヒ3世と名のったが、1700年神聖ローマ皇帝からプロイセンについて国王の称号を許され、翌年プロイセン国王フリードリヒ1世としてケーニヒスベルクで戴冠(たいかん)した。外面を飾り、贅沢(ぜいたく)な宮廷生活を営んだが、学芸には理解があり、彼の治世中にハレ大学(1694)、芸術アカデミー(1696)および科学アカデミー(1700)が創設された。また妃のゾフィー・シャルロットのために華麗なシャルロッテンブルク宮殿を造営している。[坂井榮八郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android