フェリペ5世(読み)フェリペごせい(英語表記)Felipe V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェリペ5世
フェリペごせい
Felipe V

[生]1683.12.19. ベルサイユ
[没]1746.7.9. マドリード
スペイン王 (在位 1700~24,24~46) 。フランス王ルイ 14世の孫でスペインのブルボン王家の開祖。フランスに生れアンジュー公フィリップとして育ったが,ハプスブルク家最後のスペイン王カルロス2世王位を遺贈され,これによりスペイン継承戦争 (01~14) が起った。しかし王妃サボイアのマリア・ルイザの援助でスペインの人心を掌握。ユトレヒト条約により,ネーデルラント,イタリア領などを失ったが,王位を確保した。またフランスの王位も継承しようとして女王を認めない『サリカ法典』を採用 (13) ,のちのカルリスタ戦争の原因をつくった。マリア・ルイザの死後再婚したパルマイサベル・ファルネセの影響で,ナポリ,シチリア,パルマなどを奪還。フランスにならって税制改革,商工業の振興,宮殿の増改築,科学アカデミー創立などを行なった。 1724年に息子のルイス1世に譲位したが,新王は数ヵ月後に没し,再び王位についた。 30年代以降狂気に悩まされ,国政はほとんど王妃により進められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フェリペ5世

生年月日:1683年12月19日
スペイン王(在位1700〜24,24〜46)
1746年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android