コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーホールダー フリーホールダー freeholder

翻訳|freeholder

3件 の用語解説(フリーホールダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリーホールダー
フリーホールダー
freeholder

自由土地保有者。イギリス中世以来の自由保有条件による土地保有者の階層。広義には,騎士役奉仕,役務奉仕,鋤奉仕,聖職者奉仕の相異なる4種の奉仕を果す条件で土地を保有している人々をさすが,狭義には鋤奉仕による保有者 socage tenureをさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フリーホールダー

英国における自由土地保有者。中世において封建領主に対する鋤奉仕あるいは軍事奉仕を条件に土地を保有する自由人を意味する。自由に売買や譲渡が可能である点で慣習的に土地を保有するコピーホールダーなどとは区別された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フリーホールダー【freeholder】

イギリスにおける自由土地保有者。歴史的には封建領主に対する鋤奉仕または騎士役奉仕を条件として土地を保有する自由人を指し,隷農的諸負担を負う土地保有農民またはその系譜をひく謄本保有農(コピーホールダー)のような慣習的土地保有農とは区別される。この区別は19世紀以降に廃止され,すべて自由土地保有者となる。また土地に対する権利の性質から,相続可能な,または生涯にわたる不動産権を有する者を〈自由土地保有の不動産者〉とよび〈定期不動産権者〉と区別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フリーホールダーの関連キーワード特別土地保有税イギリスオランダ戦争イギリス巻小屋住農《イギリスにおける労働者階級の衛生状態》《イギリスにおける労働者階級の状態》自由土地保有者《精神科学における歴史的世界の構成》直封土地保有イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone