コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーホールダー freeholder

翻訳|freeholder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリーホールダー
freeholder

自由土地保有者。イギリス中世以来の自由保有条件による土地保有者の階層。広義には,騎士役奉仕,役務奉仕,鋤奉仕,聖職者奉仕の相異なる4種の奉仕を果す条件で土地を保有している人々をさすが,狭義には鋤奉仕による保有者 socage tenureをさす。これは農奴保有 villein tenureと異なり,保有地の売買,譲渡,分割相続が可能で,負担は軍事奉仕はなく,農業労働,またはそれに代る貨幣支払いが主であった。 1660年に上記4種の土地保有はこの鋤奉仕に統一され,1926年にはコピーホールドもこれに転化され,現在ではイギリスの唯一の土地保有の形態となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フリーホールダー

英国における自由土地保有者中世において封建領主に対する鋤奉仕あるいは軍事奉仕を条件に土地を保有する自由人を意味する。自由に売買や譲渡が可能である点で慣習的に土地を保有するコピーホールダーなどとは区別された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フリーホールダー【freeholder】

イギリスにおける自由土地保有者。歴史的には封建領主に対する鋤奉仕または騎士役奉仕を条件として土地を保有する自由人を指し,隷農的諸負担を負う土地保有農民またはその系譜をひく謄本保有農(コピーホールダー)のような慣習的土地保有農とは区別される。この区別は19世紀以降に廃止され,すべて自由土地保有者となる。また土地に対する権利の性質から,相続可能な,または生涯にわたる不動産権を有する者を〈自由土地保有の不動産者〉とよび〈定期不動産権者〉と区別される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android