コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地保有 とちほゆう tenure

翻訳|tenure

1件 の用語解説(土地保有の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とちほゆう【土地保有 tenure】

一般的に土地(水その他人間にとって利用可能な自然物のいっさいを含む)に対して,特定の個人や集団が排他的な支配権をもつこと。この支配権が土地所有権として確立されるのは,私有財産制の完成する資本主義社会になってからであるが,それ以前の諸社会においても,土地の占取,用益,処分等に関しさまざまな規制がなされており,特定の個人や集団が特定区域の土地を一定期間,持続的かつ排他的に利用する権利が認められていた。そこでまず,〈土地保有〉というタイトルのもとに,未開社会小規模農民社会の土地をめぐる諸関係を概観する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土地保有の関連キーワード利用可能性地代土地利用図赤の他人一般的火事焚書切売り賦存量産業上の利用可能性

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土地保有の関連情報