コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地保有 とちほゆうtenure

翻訳|tenure

1件 の用語解説(土地保有の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とちほゆう【土地保有 tenure】

一般的に土地(水その他人間にとって利用可能な自然物のいっさいを含む)に対して,特定の個人や集団が排他的な支配権をもつこと。この支配権が土地所有権として確立されるのは,私有財産制の完成する資本主義社会になってからであるが,それ以前の諸社会においても,土地の占取,用益,処分等に関しさまざまな規制がなされており,特定の個人や集団が特定区域の土地を一定期間,持続的かつ排他的に利用する権利が認められていた。そこでまず,〈土地保有〉というタイトルのもとに,未開社会小規模農民社会の土地をめぐる諸関係を概観する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土地保有の関連情報