コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーライド free ride

デジタル大辞泉の解説

フリー‐ライド(free ride)

《「ただ乗り」の意》
㋐他社が築き上げた信用と名声に便乗して利益を得ようとする行為。有名ブランド名をまねた店舗名をつけるなど。
㋑利益は享受するが、そのために必要な費用は出さないこと。学校給食は食べるが、給食費は払わない行為などについていう。
㋒日本が、防衛を米国に任せ、その余力で経済を発展させてきたことをたとえていう語。
《「自由に乗る」の意》
㋐前後ともに反ったスキーを履いてスノーボードのような滑りを楽しむ滑り方。
㋑自転車やオートバイなどで速度や時間を気にしない、気ままな走り方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリーライド
ふりーらいど
free ride

必要とされる経済的・時間的・労力的コスト(費用)を負担せずに便益やサービスを得る行為。日本語で「ただ乗り」を味する。直接的には電車などの無賃乗車をさすが、そのほかにも幅広い意味に用いられる。ブランドの信用を利用して偽装する(たとえば外国産牛を松阪牛などと偽る)、先駆者の意匠をまねる、税金を負担せずに便益のみを得る、寄付で成り立っているサービスを寄付をせずに利用することなどが、フリーライドの典型例である。
 経済学用語としては、悪意をもった行為をさすわけではなく、費用を負担する者と便益を受ける者が一致しない場合に、便益を受ける者をフリーライダーfree riderとよぶ。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フリーライドの関連キーワードスノーボード著名商標余力利益名声滑り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリーライドの関連情報