コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルオレン fluorene

2件 の用語解説(フルオレンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フルオレン【fluorene】

芳香族炭化水素の一つ。無色の光沢のある板状結晶。通常不純物のため蛍光があり,とくにそのアルコール溶液は弱い紫色の蛍光を発する。フルオレンの名はこの蛍光fluorescenceに由来する。融点116~117℃,沸点293~295℃。水に不溶,エーテル,ベンゼンなどに可溶。コールタール高沸点留分(~300℃)中に存在し,蒸留により分離する。酸化すると容易にフルオレノンが得られる。染料製造の中間体として用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルオレン
ふるおれん
fluorene

縮合芳香族化合物の一つ。強い紫色の蛍光を発する白色板状結晶。コールタール中に存在し、蒸留により分離、精製される。9位のメチレン基-CH2-は反応性が大きく、塩基の存在下、アルデヒド類やカルボン酸エステル類と縮合して、エチリデン誘導体や9位のケトン誘導体を生成する。染料、薬品合成の原料となるほか、酸化してフルオレノンを製造する。[向井利夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フルオレンの関連キーワードアルケンキシレン炭化水素芳香族炭化水素ナフタレンアレーン沃化水素ナフテン系炭化水素多環芳香族炭化水素脂肪族炭化水素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone