コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルスト フルストHulst, Hendrik Christoffel van de

1件 の用語解説(フルストの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルスト
Hulst, Hendrik Christoffel van de

[生]1918.11.19. ユトレヒト
[没]2000.7.31. ライデン
オランダの天文学者。1944年,ユトレヒト大学在学中に宇宙空間の水素原子に関する理論的研究を行ない「21cm線」の存在を予測した。水素原子内の陽子電子スピンの向きは平行または反平行であり,約 1000万年に 1度向きを変える。このときに波長 21cmの電波が放射されると予測した。のちに,この予測は銀河系の水素分布図作成に有用であることが判明,黎明期の電波天文学の基礎となった。1948年ライデン大学天文学講師に就任,4年後に教授となり 1984年に退職した。光の散乱コロナ,星間雲の理解にも貴重な貢献を果たした。1960年代からヨーロッパおよび国際的な宇宙研究開発事業の先導役を務めた。太平洋天文学会のブルースメダル(1978)をはじめ,数々の賞を受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フルストの関連キーワード米騒動干渉戦争新聞小説東欧演劇母性保護論争スペイン風邪米騒動ジーリチェコスロバキア芥川竜之介

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone