コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルベ

2件 の用語解説(フルベの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フルベ

アフリカ大陸の大西洋沿岸から,サハラ砂漠南縁のサヘル地域を経てチャド湖ナイル川へと至る広大な帯状の地域に居住する人びと。フルベとは彼らの自称であり,フラニプール,フルとも他称されている。
→関連項目カノグリオハウサハウサ諸国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルベ
ふるべ
Fulbe

サハラ砂漠の南、セネガルから中央アフリカに至る広大なサバンナに点在する牧畜農耕民。人口約700万。ネグロイドに分類されるが、容貌(ようぼう)はコーカソイドに近く、体色も薄い。その言語フルフルデは、コンゴ・コルドファン(ニジェール・コンゴ)語族大西洋岸諸語に属する。フラ、プロ、フェラタなど、地域によって異なる名称でよばれるが、フルベが自称であり、一般にはフラニの名で知られている。本来は遊牧民であり、セネガンビアからゆっくりと東進して、今日のような分布を示すに至ったとみられる。遊牧は今日でも理想の生き方とされ、ナイジェリアとニジェールの国境周辺に住むボロロ・フルベは、いまでも遊牧生活を営む。フルベは11世紀ころからイスラム教を受け入れ、18世紀から19世紀にかけては、各地で「ジハード」(聖戦)をおこした。そのなかでも、18世紀の末に北部ナイジェリアで生じたジハードは、宗教的指導者ウスマン・ダン・フォディオ(1754―1817)に率いられ、ハウサの王国群からニジェール川南岸、カメルーン北部まで広がる地域をまたたくまに征服して、ソコトに首都を置くイスラム帝国を築いた。[渡部重行]
『江口一久著『フルベ族とわたし』(1975・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フルベの関連キーワードサハラ砂漠チャド湖西サハラモーリタニアリビア砂漠ブラックアフリカ蘇丹汎アフリカ主義北阿アフリカのHIV

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フルベの関連情報