コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレドホルム Erik Ivar Fredholm

2件 の用語解説(フレドホルムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フレドホルム【Erik Ivar Fredholm】

1866‐1927
スウェーデンの数学者。ストックホルムに生まれストックホルムに没する。1886年にウプサラ大学に入学,ここで学位をとり,ストックホルム大学でミッターク・レフラーG.M.Mittag‐Lefflerに師事し,1906年に力学と数理物理担当の教授となった。彼の最大の業績は1900年に得られた積分方程式に関するものである。すなわち,核と呼ばれる連続関数K(s,t)とパラメーターλの値λ0が与えられたときには,〈すべての連続関数fに対してただ一つの連続関数解φ(s)が存在するか,または,〉〈が0でない連続解φ(s)を有限個もつかのいずれかが成り立つ〉という定理であり,〈フレドホルムオールタナティブ〉とも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレドホルム
ふれどほるむ
Erik Ivar Fredholm
(1866―1927)

スウェーデンの数学者。ストックホルムに生まれ、ウプサラ大学を卒業。1898年よりストックホルム大学教授。彼は、与えられた関数K(t,s),f(t)およびパラメーターλに対して

の形の積分方程式を、n次元連立一次方程式

によって近似するという考え方が適切かつ有効であることを示し、ヒルベルトがヒルベルト空間論を発見する動機をつくった。[吉田耕作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフレドホルムの言及

【固有値】より

…(2)Xを閉区間[a,b]上の連続関数全体のつくる線形空間,K(x,ζ)をaxb,a≦ξ≦bで連続な関数とし,XからXへの線形作用素Lを,と定義する。Lをフレドホルム型の積分作用素,K(x,ξ)をその核と呼ぶ。このとき,を満たす恒等式に0でない関数uXが存在すれば,λはLの固有値である。…

【積分方程式】より

…これが積分方程式の始まりである。しかし積分方程式を系統的に論じたのは,ボルテラV.Volterra(1860‐1940)とフレドホルムE.I.Fredholm(1866‐1927)である。 一般的な形として,f(x),K(x,y)を既知関数,φ(x)を未知関数とするとき,はそれぞれフレドホルム型積分方程式,ボルテラ型積分方程式と呼ばれ,K(x,y)をこれらの方程式の核という。…

※「フレドホルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フレドホルムの関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレースウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーディッシュ・ラップフントスウェーデンハウススウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone