コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロログルシノール

栄養・生化学辞典の解説

フロログルシノール

 C6H6O3 (mw 126.11).

 フロログルシンともいう.糖の検出,定量の試薬などに使われる.抗てんかん薬としても使われる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のフロログルシノールの言及

【フロログルシン】より

1,3,5‐トリヒドロキシベンゼンにあたる。フロログルシノールphloroglucinolともいう。無色結晶。…

※「フロログルシノール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フロログルシノールの関連キーワードピロガロールヒドロキシメチルフルフラールピロガロールフェザー級全唐詩逸匝瑳(市)横芝光(町)セルビア・モンテネグロプロボクシングの階級ヒッグス粒子

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone