コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッダバッダラ ブッダバッダラBuddhabhadra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッダバッダラ
Buddhabhadra

[生]359
[没]429
インドの仏教経典翻訳僧。仏陀 (駄) 跋陀羅と音写し,意訳して「覚賢」あるいは「仏賢」という。北インド出身。ガンダーラでブッダセーナに学び,インドに来ていた中国の僧智厳の懇請により 408年頃長安に入った。初め,鳩摩羅什と交遊したが次第に両者の教団は離れたため,彼は廬山の慧遠をたずねそこに数年滞在した。のち建康 (南京) で翻訳に従事。訳書『華厳経』 (60巻) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブッダバッダラの関連キーワード南泥湾フィリッポス[2世]フィリッポス2世仏駄跋陀羅大檀美作市不可分債権・債務美作(市)川辺川利水事業計画労働審判制度