コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブドウ(葡萄)酸 ぶどうさん

百科事典マイペディアの解説

ブドウ(葡萄)酸【ぶどうさん】

パラ酒石酸,ラセミ酸とも。d‐およびl‐酒石酸の等量混合物。→酒石酸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のブドウ(葡萄)酸の言及

【酒石酸】より

…1769年,K.W.シェーレによってブドウ酒中からL‐酒石酸(右旋性)が発見された。1822年化学工場の経営者ケストナーPaul Kestnerは,酒石酸塩の製造の際,副生物としてラセミ酸(ブドウ酸ともいう)を得た。ブドウ酸は1819年までシュウ酸と誤認されていたが,酒石酸の異性体であることがしだいに明らかになった。…

※「ブドウ(葡萄)酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android