コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左旋性 させんせいlevorotatory

5件 の用語解説(左旋性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

左旋性
させんせい
levorotatory

光学活性物質,すなわち偏光面を回転する化合物のうち偏光面を左へ回転する物質を左旋性物質といい,その性質を左旋性という。化合物の左旋性を表わすには化合物の名称の前に l ,または-をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

させん‐せい【左旋性】

旋光性のうち、ある種の物質中を通過する偏光の振動面を左に回転させる性質。果糖水溶液などにみられる。⇔右旋性

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

左旋性

 結晶やその溶液に偏光が当たると物質によっては偏光面が回転する.このような物質を光学活性体といい,偏光面が左回りになるものを左旋性,右回りになるものを右旋性(dextrorotatory)という.有機化合物では不斉炭素原子をもつ物質に旋光性がある.天然のアミノ酸は左旋性,グルコースは右旋性.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

左旋性
させんせい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の左旋性の言及

【旋光性】より

…他の光学活性の一つである円偏光二色性とクラマース=クローニヒの関係(クラマースの法則)で密接に関係づけられ,両者は互いに裏腹の関係にあるので,旋光性を光学活性と同義に用いることもある。進む光に向かって観測するとき,直線偏光の偏光面が旋光性物質(光学活性物質ともいう)を通過後に,右(時計の針の回る方向)に回る場合を右旋性dextrorotatory,左に回る場合を左旋性levorotatoryという。これは,(1)直線偏光が,右回りの右円偏光と左回りの左円偏光の和(重ね合せ)で表され,しかも(2)この二つの円偏光に対して旋光性物質の屈折率が異なるために起こると説明されている。…

※「左旋性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone