コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブドウネアブラムシ Viteus vitifolii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブドウネアブラムシ
Viteus vitifolii

半翅目同翅亜目ネアブラムシ科。根瘤型,葉瘤型,有翅型,有性型の4型がある。根瘤型は黄色卵形,無翅で,植物の根に瘤 (こぶ) をつくってその表面にすむ。葉瘤型は体長 1mm内外,黄色卵円形で,葉に寄生して袋状の瘤をつくりその中にすむ。有翅型は体が橙黄色,触角が黒褐色で,軟弱な翅を有する。卵からは有性型が生れる。有性型は体長 0.5mm内外の楕円形状である。ブドウの害虫として有名で,全世界に広く分布する。 (→同翅類 , 半翅類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブドウネアブラムシ【Viteus vitifolii】

一名ブドウフィロキセラ。半翅目フィロキセラ科の昆虫。体長約1mm,黄褐色を呈し,通常無翅。ブドウの生育を著しく阻害するため,世界各地のブドウ栽培における大害虫として著名であったが,この虫に対する抵抗性の強い接ぎ木用台木の導入が成功して,現在では往時のような大被害の発生はあまり見られなくなった。この種には葉に寄生する型と根に寄生する型があって,前者は葉の裏に向かって膨れる小さな囊状の虫癭(ちゆうえい)の中にすみ,後者は根に瘤を形成してその表面に群生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブドウネアブラムシ
ぶどうねあぶらむし / 葡萄根
[学]Viteus vitifolii

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目ネアブラムシ科Phylloxeridaeの昆虫。有性型、有翅型、根こぶ型、葉こぶ型などいくつかの生活型があり、生活史も複雑である。有性型では、体長約0.5ミリで、幼虫に似た楕円(だえん)形。葉こぶ型は体長約1ミリで、体は卵形で黄色。葉に小さな袋状の虫こぶをつくり、その中で生活し、単為生殖により産卵する。孵化(ふか)した幼虫はよく移動し、新葉に虫こぶをつくるが、一部は根に移り、根こぶ型となる。根こぶ型の成虫は無翅型で、体は卵形で暗黄色。根こぶ上に群生する。有翅型は体が橙黄(とうこう)色で、これが産んだ卵から有性型が現れる。全世界的に分布し、ブドウの害虫として有名である。[林 正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブドウネアブラムシの関連キーワードディスティラーズウイスキーミヤルデ虫こぶ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android