コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブドウネアブラムシ ブドウネアブラムシ Viteus vitifolii

3件 の用語解説(ブドウネアブラムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブドウネアブラムシ
ブドウネアブラムシ
Viteus vitifolii

半翅目同翅亜目ネアブラムシ科。根瘤型,葉瘤型,有翅型,有性型の4型がある。根瘤型は黄色卵形,無翅で,植物の根に瘤 (こぶ) をつくってその表面にすむ。葉瘤型は体長 1mm内外,黄色卵円形で,葉に寄生して袋状の瘤をつくりその中にすむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブドウネアブラムシ【Viteus vitifolii】

一名ブドウフィロキセラ。半翅目フィロキセラ科の昆虫。体長約1mm,黄褐色を呈し,通常無翅。ブドウの生育を著しく阻害するため,世界各地のブドウ栽培における大害虫として著名であったが,この虫に対する抵抗性の強い接ぎ木用台木の導入が成功して,現在では往時のような大被害の発生はあまり見られなくなった。この種には葉に寄生する型と根に寄生する型があって,前者は葉の裏に向かって膨れる小さな囊状の虫癭(ちゆうえい)の中にすみ,後者は根に瘤を形成してその表面に群生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブドウネアブラムシ
ぶどうねあぶらむし / 葡萄根
[学]Viteus vitifolii

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目ネアブラムシ科Phylloxeridaeの昆虫。有性型、有翅型、根こぶ型、葉こぶ型などいくつかの生活型があり、生活史も複雑である。有性型では、体長約0.5ミリで、幼虫に似た楕円(だえん)形。葉こぶ型は体長約1ミリで、体は卵形で黄色。葉に小さな袋状の虫こぶをつくり、その中で生活し、単為生殖により産卵する。孵化(ふか)した幼虫はよく移動し、新葉に虫こぶをつくるが、一部は根に移り、根こぶ型となる。根こぶ型の成虫は無翅型で、体は卵形で暗黄色。根こぶ上に群生する。有翅型は体が橙黄(とうこう)色で、これが産んだ卵から有性型が現れる。全世界的に分布し、ブドウの害虫として有名である。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブドウネアブラムシの関連キーワードフィロソマゼフィロスフィロロジーフィロセウ修道院幻想記セフィロト〜時の世界樹〜フィロキノンフィロキノン当量セフィロトフィロキセラブドウフィロキセラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブドウネアブラムシの関連情報