コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブバルディア Bouvardia; bouvardia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブバルディア
Bouvardia; bouvardia

アカネ科ブバルディア (カンチョウジ) 属の総称。熱帯アメリカの高地に約 30種が分布する低木または多年草。葉は卵形あるいは披針形で,対生または輪生する。花は筒状で4裂し,茎頂に集散花序をなす。おもな栽培種は白花のブバルディア・ロンギフローラ B.longifloraや,数種の交配によって作出された園芸品種群である。園芸品種には赤色,桃色,淡桃色,白色などの花色があり,八重咲きもみられる。日長の調節による周年栽培が可能で,切り花や鉢花に利用される。水はけのよい腐植質に富む用土で,水切れに注意して育てる。日光には強いが,真夏は半日陰に置くほうがよい。冬は明るい室内で5℃以上に保つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブバルディア(〈ラテン〉Bouvardia)

アカネ科の常緑低木。メキシコ原産。観賞用に栽培される。花は4弁。ブバリア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブバルディア

ブバリア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブバルディア
ぶばるでぃあ
[学]Bouvardia

アカネ科の半耐寒性常緑小低木。メキシコ、中央アメリカに約50種分布し、日本ではこのうちの数種を交雑してつくられた園芸品種が栽培されている。茎は高さ1メートル前後で、葉は卵形から披針(ひしん)形で厚く、濃緑色で、対生または3、4枚輪生する。花は枝端の集散花序につき、長い筒状で、先端が4裂して平開する。緋(ひ)、赤、黄、白、桃色などがある。普通は秋から冬咲きであるが、交雑種はほとんど四季咲きである。近年、切り花のほか、矮化(わいか)剤処理した小形鉢仕立てが多数出回るようになった。[植村猶行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android