コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブフォン論争 ブフォンろんそうBouffon's Quarrel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブフォン論争
ブフォンろんそう
Bouffon's Quarrel

1752~54年パリ音楽界を2分した歴史上有名な論争。 J.リュリ,J.ラモーらの伝統的フランス・オペラを支持する側と,イタリアのオペラ・ブッファ (喜歌劇) を称揚する側に分れて,音楽観,美学思想にまで及ぶ広い領域にわたって互いにその優劣を争った。発端は,イタリア人によってパリで上演された G.ペルゴレージのオペラ・ブッファ『奥様になった女中』 (1733) であった。フランス側の信奉者には国王を中心とする貴族や音楽家,イタリア側には王妃をはじめ,J.-J.ルソー,D.ディドロ,J.ダランベールらの啓蒙思想家,その他の知識階級がいた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブフォン論争の関連キーワードルソー(Jeanオペラ(舞台芸術)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android