コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラインシュリンプ Artemia salina; brine shrimp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラインシュリンプ
Artemia salina; brine shrimp

鰓脚綱無甲目ホウネンエビモドキ科。属名をそのままとってアルテミアと呼ぶこともある。体長約 1cm。体は細長く,11胸節と 9腹節からなり,背甲をもたない。胸節には遊泳肢があり,それらを順次動かしながらあおむけになって泳ぐ。世界の塩湖に分布し,日本でも瀬戸内海沿岸の塩田に出現したことがある。1属 1種であるが,多くの地方品種に分かれ,雌だけで単為生殖を繰り返す系統,雌雄により有性生殖をする系統がある。また,直接ノープリウスを産む卵胎生のものと,耐久卵を産む卵生のものとの 2型がある。耐久卵は一度脱水されないと孵化しない。熱帯魚の餌にするのはこの卵で,これを海水に入れると 10~20時間後にノープリウスが孵化し,その後 12回脱皮して成体となる。(→甲殻類鰓脚類節足動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ブラインシュリンプ【brine shrimp】

甲殻綱無甲目アルテミア科の節足動物。成体は約1センチメートルで細長く、遊泳肢を動かして海中を泳ぐ。幼生は熱帯魚の餌として用いられ、シーモンキーの商品名もある。アルテミア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラインシュリンプ
ぶらいんしゅりんぷ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブラインシュリンプの関連キーワードシーモンキーキノボリウオ水産増殖グッピー海中幼生

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android